読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょぼしょぼエンジニアのメモ代わり

すぐわすれちゃうからすぐメモりたい

laravel テーブル作って初期データ入れるところまで

マイグレーション新規作成
php artisan make:migration create_m_baggages_table
-- テーブル名は小文字の複数形にする。

テーブル定義書く

public function up()
{
    //荷物マスタ
  Schema::create('m_baggages', function (Blueprint $table) {
    $table->integer('baggage_id');
    $table->string('name')->nullable();
    $table->timestamp('created_at')->default(DB::raw('CURRENT_TIMESTAMP'));
    $table->timestamp('updated_at')->default(DB::raw('CURRENT_TIMESTAMP on update     CURRENT_TIMESTAMP'));
    $table->primary('baggage_id');
  });
}

public function down()
{
    //荷物マスタ
    Schema::drop('m_baggages');
}

 

モデル作成(頭大文字にする)
php artisan make:model M_baggage
-- 単数で命名。主キーの設定が必要。つけないとidで探しに行く。
    protected $primaryKey = 'baggage_id';

 

シーダー作成
php artisan make:seeder M_baggagesSeeder
-- 初期データつくる。utf-8にしないと日本語化ける

  M_baggage::truncate();

  //insert
  for($i=0;$i<5;$i++)
  {
    Eloquent::unguard();
    $data = M_baggage::create();
    $data->baggage_id =$i+1;
    $data->name = '荷物';
    $data->save();

  }

 

シーダー実行
php artisan db:seed
※DatabaseSeederに追記しておくこと
    $this->call(M_baggagesSeeder::class);